悩み解消の増毛という施術

自分の生きた髪を移植

増毛に関する決して見逃すことのできない情報を配信しています。
当サイト「悩み解消の増毛という施術」で公開しているお役立ち情報メニューにまずはご注目ください。

 

一言でいうと、これらの違いは植毛をする毛が「自分の髪の毛であるのか」、または「人工的に作られた人工毛であるのか」にあります。
そして大きくこれらの異なる点は、「拒絶反応が植毛後にあるのか否か」デス。
自毛植毛の場合、自分の生きた髪を移植すると一度その後は抜け落ちて、あたらしい髪が移植後約3ヵ月ほどで生えてくるのですが、ヘアサイクルに影響されることが人工植毛はないため髪の毛が人工毛を植え付けたその日に生え揃った状態になります。 つまり即効性は自毛植毛に望めないが、即効性が人工植毛にはあるということです。
しかし持続性に関していうと、自毛植毛に比べ人工植毛の方が劣ります。
中でも自分の毛を移植できる自毛植毛であれば、薄い部分へ生きた自分の髪の毛を移植することから、拒絶反応を起こす可能性はありません。
それにたいし人工植毛では、「自分のもので本来はない毛」頭につまり異物を植えることになるため、拒絶反応がどうしても起こりうる可能性があって、中には人工植毛した場合、頭皮の化膿とか炎症をもたらす人もいます。
「自毛植毛」と「人工植毛」の2種類が植毛にはあります。
人工植毛の場合、頭皮の新陳代謝でせっかく移植をしても自然に抜ける事もある他、頭皮にやはり人工的なものを植え付けるわけですから頭皮への定着率が低い場合もあります。

 

これから美容クリニックへ行って増毛をしようと考えているのでしたら、非常にクリニック選びは重要です。
インターネットの口コミサイトなどを信頼出来るクリニック選びを参考にしましょう。


更新履歴